腸内環境の悪化は「万病の元」!腸内フローラの仕組みと青汁健康法

青汁 乳酸菌
最近お通じが悪い、なんだか気分がすっきりしない……それ、腸内環境の悪化が原因かもしれません。青汁を飲めば、そんなお悩みからは解放されるかもしれませんよ。

当記事では腸内環境と便秘の関係性や、腸内環境改善に良い青汁などについてお話しいたします。

便秘、病気、イライラのもと?腸内環境の大切さ

皆さんは「腸内フローラ」という言葉を聞いたことはありませんか?腸内には様々な種類の菌が棲息しており、それらは同じ菌同士寄り集まり、グループを作って、腸の壁面にくっついているのです。

その様子が、顕微鏡で見るとお花畑のように見えることから、腸内フローラ(フローラ=お花畑)と命名されたんですね。

さて、この腸内に棲息している菌は大きく三つのグループに分けられます。善玉菌、悪玉菌、日和見菌の三つです。善玉菌は文字通り体に良い働きをする菌で、悪玉菌はその逆。

日和見菌は優勢なほうの味方をします。善玉菌が優勢のときには善玉菌の味方、悪玉菌が優勢のときには悪玉菌の味方。日和見菌は健康を保つのに役立つ一方、腸内環境の悪化を手助けする習性を持っているのです。

常に善玉菌が優勢になるように注意しておかないと、悪玉菌と日和見菌の相乗効果によって、腸内環境はどんどん悪くなっていきます。

腸内環境が悪いとどうなるの?

では腸内で悪玉菌が優勢であった場合、人体にはどのような影響が出るのでしょうか。

それは第一に、「便秘」あるいは「下痢」です。悪玉菌は絶えず有害物質を作り出しています。腸の中を腐敗させて、アンモニアやスカトールといったガスを発生させたり、発がん性物質を生み出したりするんですね。

そのような有害物質を放置していると、まずは便秘や下痢といった形で、腸はカラダの不調を訴えるのです。

さらに悪玉菌の恐ろしいのは、便秘や下痢を引き起こすだけでなく、免疫力を低下させることです。

風邪予防を目的とした乳酸菌飲料はたくさんありますが、なぜそういうものが生み出されたのかというと、悪玉菌が優勢になることによって免疫力が低下し、風邪などの病気に罹りやすくなってしまうことが、医学的に解明されているからなのです。あなたの体調不良は、もしかすると悪玉菌に起因するものかもしれません。

また、悪玉菌により腸内環境が悪化すると、ニキビなどの肌荒れを起こしたり、生活習慣病のリスクが高まったり、気持ちが沈んで苛つきやすくなったりと、あらゆる体調不良が起こるのです。

腸は「第二の脳」と呼ばれるほど神経が多く、不健康な状態だと精神にまで影響を及ぼすと言われています。腸内環境の悪化はまさに「万病の元」と言えるでしょう。

腸内環境改善に青汁が良い理由とは?

乳酸菌入りの青汁

腸内環境を根本から改善するには、善玉菌を優勢にする必要があります。したがって腸内環境改善を目的としている人が、ただの野菜の搾り汁のような青汁を飲んでもあまり意味がありません。乳酸菌入りの青汁を飲むことをおすすめします。

しかしここで気になるのは、だったら別に青汁じゃなくてもいいんじゃないの、ということでしょう。乳酸菌飲料を飲めば善玉菌を応援できるわけですから、あえて青汁を選ぶ必要はないように思えます。

たしかにその疑問はもっともです。ただ腸内環境改善だけを目指すのであれば、乳酸菌飲料を飲むだけでよいでしょう。

しかし考えていただきたいのは、青汁を飲むことにも大きなメリットがあるということです。

乳酸菌を摂ると同時に、野菜に含まれる豊富な栄養素を手軽に摂れる、不足しがちな栄養素を補うことができるのはもちろん、便秘解消に良い「食物繊維」も一緒に摂ることができるため、非常に効率的なのです。

食物繊維で便秘撃退!

便秘解消には食物繊維と水分が必要、とよく言われます。腸内環境を改善するのはもちろん、食物繊維と水分を積極的に摂って、多角的にアプローチすることが、便秘解消には不可欠なのです。

食物繊維は腸内において、不要物をからめとり「かさまし」をしてくれます。便が大きくなったほうが押し出しやすいので、便秘解消に良いというわけです。

また、便がからからに乾いていては「滑り」が悪いので、水分を摂ることも重要だと言われます。青汁はこの食物繊維と水分を一緒に摂ることができるから良いわけですね。

乳酸菌が配合されていれば完璧です。

まとめ

以上、腸内環境と青汁についてお話しいたしました。便秘解消には乳酸菌入りの青汁が良いことはおわかりいただけたと思いますが、これは便秘でない人は青汁じゃなくても構わないと言いたいのではありません。

善玉菌が優勢になる理由として最も大きいのは、やはり食生活の偏りです。

悪玉菌の餌になるようなものばかり食べているから、そのような腸内環境になってしまうわけです。それは同時に、普段摂取する栄養素が偏っていることを意味します。

青汁には各種ビタミンやミネラルが豊富に含まれていますし、物によっては乳酸菌が配合されています。

それを飲めば腸内環境改善とともに、栄養の偏りを正すこともできますから、ただの乳酸菌飲料を飲むよりはずっとお得で、健康的なのです。

皆さんも是非、乳酸菌入りの青汁で健康体を目指してみてください。