葉酸が摂取しづらい時はサプリを積極的に利用すべきです

サプリで葉酸摂取
葉酸はビタミンB群の一種であり、たんぱく質や細胞や血液などを作るにあたっては欠かせないものです。

葉酸が多く含まれている食品としてはホウレン草やブロッコリーといった緑黄色野菜やレバーなどの肉ですが、通常の食生活を送っていれば葉酸不足になるリスクはそれほど高くないものです。

ただし葉酸を通常よりも多く摂取する必要があるケースもあり、その場合は意識して葉酸を摂取しないと不足してさまざまな影響を与える場合があります。

妊娠中、特に初期には通常よりも倍ほどの葉酸が必要だとされていますが、これは自分の体を維持するだけでなく、胎内で胎児を育てるにあたって細胞などを作るための葉酸が必要であるからです。

また妊娠初期に過度なダイエットなどで葉酸不足になった場合には、胎児に奇形が生じるなどの影響が出ることもあります。

なので近年では母子手帳や妊婦向けの雑誌などで葉酸の摂取の必要性を説いていますし、産婦人科でも葉酸の摂取を勧める医師も多いです。

ただ葉酸に関しては水に溶けやすいことから、いつもの倍ほど摂取するのは負担に感じることもあります。

さらに妊娠初期にはつわりが生じてしまって食事自体満足に摂れないという妊婦も多いことから、葉酸に関してはサプリで摂取することが推奨されています。

現在葉酸サプリに関しては多くのメーカーから商品が出ていて、葉酸だけでなく複数のビタミンや妊婦にとってもう一つ重要な栄養素である鉄分を含んだサプリなどもあります。これらの葉酸サプリを摂取することで1日に必要な葉酸が摂取できるようになるのです。

妊婦にとって必要な葉酸は、仮に食品から全て摂取しようと思うととても1日では食べきれないくらいの量を摂取しなければいけないことになってしまうため、葉酸サプリで摂取する方が効率がいいのです。

また妊娠については気づいた時にはすでに胎内である程度胎児の体が出来上がっていることから、妊活中の女性をはじめとして若い女性は積極的に葉酸サプリを摂取して妊娠に備えておきたいものです。

妊娠前から葉酸サプリを摂取するにあたってはかえって摂りすぎになるのではと思われますが、商品の規定の用量を守れば特に問題はないとされています。

さらに葉酸は胎児の奇形のリスクを減らすだけでなく、動脈硬化や心疾患、さらには認知症などのリスクを減らすという研究結果もあることから、どの年齢層でも不足しないようサプリで摂取すべきものといえます。